地磯でするするスルルーやってみた!和歌山県南紀白浜

するするスルルーをやってみようかなって思ってるけど…

地磯でできないの?と言うご質問をいただき、地磯でするするスルルーやってみました!

まず地磯といえど、するするスルルーをするにあたっては、ある程度水深があって本流が流れるようなところがいいとは思いますが、なかなか地磯では限られてきます。

そこで地磯でも本流釣りができると言われている和歌山県南紀白浜の有名地磯(以前夜釣りでタマミやイサギが釣れたところ)で昼間のするするスルルーにいってきました。

地磯のするするスルルーの一部始終をお伝えします。

その時の仕掛けやエサなど地磯釣行の参考にしていただけると幸いです。

最近は渡船でするするスルルーの釣果が少し上がるようになってきましたが、地磯での釣果はほとんど聞きません。果たして地磯のするするスルルーの釣果はどうだったんでしょうか…

地磯でするするスルルーはじめてやってみた!

当日の海況

9月初旬

大潮

7時満潮

13時干潮

明るくなる前に到着して夜釣りからはじめるぞ!のつもりが…

日の出が5時半だったのでその1時間前からキザクラの沖縄SPにケミホタルをさして夜釣りからスタートや!と意気込んで家を出たんですが・・・

キザクラの沖縄SPのウキはトップがついてるのでトップを50サイズのケミホタルにすれば夜釣り用として使えます。

円錐ウキ うき 全層沖縄SP 1.5 オレンジ キザクラ

高速に乗ってからわかったんですが、なんと有田インターから田辺インターまで通行止め。

仕方がないので有田インターチェンジで降りて下道で山越えです。

高速道路が通行止めで有田から白浜まで下道で行った都合で到着が予定より30分以上遅くなり、磯に着いた時には周りはすっかり明るくなってしまっていました。

夜明け前の朝マズメのチャンスを逃したのは痛い。高速道路の状況はきちっと確認しましょう。反省。

本日の磯、釣り座、エサ、仕掛け

地磯ですがなかなか雰囲気ありますね。

これだけでわかる人にはどこか分かってしまうと思いますが、既にルアーさん3人とイガミさん1人来られてました。

平日にもかかわらず相変わらず大賑わいです。

先端にルアーさんが2組入られてたので内側に挨拶をして入らせてもらいます。

いつもですがここの地磯は人が多んですが、皆さん釣り好きのいい雰囲気がありますね。個人的に大好きな磯です。

えさは道中に釣り吉でマキ餌用のイワシブロック1つ(4kg)を購入。釣り吉は安い。1500円です。

さし餌は前回余ったキビナゴをもう一度冷凍したのを持ってきました。

イワシは無理ですがキビナゴは余れば冷凍して再利用出来ます。

仕掛けは磯竿3号、シマノリール8000番、道糸ナイロン8号、ハリスはフロロの8号、ウキはするするスルルー用のウキ1号、タマミ鈎の18号でスタートです。

仕掛けについてはするするスルルータックル徹底解説‼︎【仕掛け・竿・リール・エサ】で徹底解説しておりますので詳しくお知りになりたい方ご覧ください。

地磯するするスルルーの釣果

潮は右から左にゆっくり流れています。

もう1時間以上やってますが全く当たりがありません。

上潮が滑っているような感じがしたので、サルカンのところに0.5号のガン玉を打ってみました。

するとウキが馴染んでいい感じになりました。

ガン玉を打って一投目です!

道糸がバチバチバチと指を弾いてものすごい勢いで払い出します。

道糸の勢いが激しすぎてようやくベールと道糸を抑えながら竿にテンションをかけます。

3号竿のバットまでテンションがかかりようやく突進を止めて綱引きです!

しばらく耐えたんですが、根に張り付かれてしまいました。

仕方がないので緩めず張らずでしばらく様子を見ていると道糸に振動が伝わってきました。

道糸を素早く巻きとって思っいきり竿をぶち曲げると少し寄ってきました。

よっしゃー!と思ったのもつかの間。

後ろにひっくり転けそうになり竿が軽くなってしまいました。

力なく道糸を巻くと、デージが竿5本ほど先の方でプカプカと浮かんでいます。

はああ。いったいなんだったんでしょう。

根に張り付かれたのでサメや青物ではないとは思いますが…あ〜あ。

さっき当たりがあったのがちょうど潮がわりのタイミングだったみたいで、今度は潮が左から右に流れ出しました。

その頃風が強くなり海面に白波がたち始めました。そのうちに全面白波です。

ガン玉0.5号を追加して流していると。

ウキがモゾモゾとしもって見えなくなるぐらいのタイミングで合わせを入れると

やっと

きましたー

39cmのオオモンハタ

ハタ系のお魚はどれも美味しい!

しばらくすると今度は払出しの下げ潮に変わりました。

ウキが沖に向かっていい感じで流れていきます。

100mぐらいウキが流れた時にスパッとウキが消しこんで合わせ入れると

きましたー

50cmのツムブリ

脂身はやや少なくさっぱりとした味わいで普通に美味しいです。

ルアーさんが帰られたので磯の先端に釣り座を変更しました。

この磯の先端は上り潮が本命で、その潮にウキを乗せれれば一番いいんですが、残念ながら本命の上り潮が流れることはありませんでした。

どうも潮が引くと当たりがなくなるような気がして12時前に納竿です。

次回は本命の上り潮の時にするするスルルーをやってみたいです。

地磯で初めてのするするスルルーまとめ

するするスルルーだと、どうしても沖磯でしかも本流が流れるようなところというイメージがあります。

なかなか地磯でするするスルルーは聞きません。

しかし今回地磯での初スルルーでしたが、地磯でもするするスルルーで美味しいお魚が釣れたのは良かったと思います。

渡船に乗ったことがない方も、渡船に乗ることなく地磯で気軽にするするスルルーを楽しんでいただけると思います。

この時期の地磯はルアーさんとイガミさんばかりですが一度するするスルルーも試していただければと思います。

本日の地磯するするスルルーのタックル

当日地磯スルルーで使用したタックルを紹介します。

道糸ナイロン8号、ハリスフロロカーボン8号

詳しくはするするスルルータックル徹底解説‼︎【仕掛け・竿・リール・エサ】で解説しておりますのでご覧ください。

では最後まで読んでくださりありがとうございました。